うつ病と傷病手当金

うつ病と傷病手当金

うつ病と傷病手当金

うつ病で傷病手当金が貰える?

うつ病を発症してしまったら、仕事に影響を及ぼす方が少なくありません。うつ病の治療は休養が必要であり、休養期間の収入を懸念される方は少なくないでしょう。うつ病で休職を余儀なくされた場合、協会けんぽにご加入されている方は「傷病手当金」の支給対象になります。傷病手当金は、4日以上の休職をされた場合に4日目から支給されます。

 

その金額は標準報酬日額の3分の2であり、期間は最長1年半となっています。以前は、うつ病に関しての理解が乏しく、発症してしまったら隠す人もおられたのですが、現在は「うつ病」という病気が社会的にも理解されつつあり、傷病手当を申請して治療に専念できるようになってきました。

 

うつ病の治療は個人差があり、発症してから治療するまでに1か月程度で復帰できる方やその期間内でも治療できずに退職を余議なくされる方もおられます。しかし、病気の治療に専念するためには傷病手当金は心強い制度だと思います。

 

再発や退職後の傷病手当金

うつ病で休職し傷病手当を受給しても、1年6カ月が経って再発した場合や、治療できなかった場合、協会健保ではそれ以上の保障ができません。しかし、会社によっては延長を保障する制度を設けている所もあります。その点は、会社に確認する必要があります。

 

しかし、傷病手当の期間を過ぎてしまった場合には障害年金の受給対象になる可能性もあるのでそのような場合には早急に手続きを行い、経済的な負担を軽減できるように努めることが大切です。

 

退職後の傷病手当の受給には条件があり、

  1. 退職前に1年以内の加入期間があること
  2. 退職時に傷病手当の受給要件を満たしている

という条件を満たしていれば退職後でも傷病手当金を受給することができます。ご自分の加入状況を確認し、利用できる制度を使うことをお勧めします。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上