営業 うつ病

営業のうつ病

営業のうつ病

営業職でうつ病を発症

会社の顔であり窓口となる営業職は、人を相手にする業務であり精神的にも負担の大きな仕事だと言われています。また、常に身だしなみや表情に気を配り、セールストークにも磨きをかけてと、仕事の一環ですが家を出た瞬間から営業マンとしてのスタイルを保たないといけません。

 

そんな営業職でも、うつ病を発症する方が多いと言われています。営業職でも、車の販売、保険の販売、太陽光、その他多くの業界で営業職の人が活躍しています。営業職を含め、人を相手にする職業は特に相手に好印象を与えることが大切であり、うつ病を発症した状態での継続は困難になってしまいます。

 

うつ病の治療と異動

営業職のように対人を相手にする仕事は、うつ病のように気持ちに波があるような状態では難しいと言われています。そのため、休職をして治療に専念し、復職することや若しくは、異動が可能な職場であればそれを検討することも大切です。

 

しかし、営業職は休職すると、自分の受け持っているお客様の担当から外れることになり、後々の仕事に影響を及ぼすこともあることから、治療するにも戸惑う方も少なくありません。また、一生懸命仕事してもノルマを達成しないといけないという会社も少ないことが現状であり、勤務外労働を余儀なくされている方もおられます。そのため、うつ病の治療が難しくなり、退職を選択する方もおられます。

 

人を相手にする職業は、やりがいや達成感も多く得られる反面、ストレスも多い職業です。そのため、今後の生活に繋げるために自分自身にとって最善の選択をする必要があります。

 

休職して治療に専念する、退職をする、異動を申し出る等、様々な選択肢があると思いますが、上司や家族に相談し、判断を誤らないようにすることが大切です。特に、症状が出ている時は、冷静な判断ができないこともあるので、決断は急がず慎重に行うことが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上