看護師 うつ病

看護師のうつ病

看護師のうつ病

医療の専門職でも発症するうつ病

看護師は、医療分野の専門職であることから、健康に対しても病気に関しても知識があり、うつ病のような病気とは縁のないように思えますが、実は、看護師という職業もうつ病の発症リスクの高い職業だと言われています。

 

また、看護師は夜勤もあり交代制で勤務する方も少なくありません。オンコールがあれば駆けつけないといけないこともあり、帰宅しても気持ちが休まらないという方も居られます。激務や不規則な生活が原因で睡眠障害を発症するリスクも高い傾向にあります。また、鬱の症状が出ても人手が足りず休みにくいという現場も少なくなく、悪化させ深刻な状態になってしまうこともあります。

 

うつ病になってしまったら、治療が必要になりますが、休職したり、退職したり、転職したりという選択肢があります。病気を治療していくことに相応しい環境を選ぶことが大切であり、自分自身がどのような雇用形態、勤務体制であれば無理なく働いていけるかを考えていくことが大切です。

 

看護師とうつ病

うつ病を発症してしまい、「看護師でありながら鬱を発症するなんて…」と落ち込む方も少なくありませんが、看護師である以前に一人の人間であり、病気になるリスクは誰にでもあるのです。現在、人手の足りていない現場も多いこと、長時間の拘束時間、休暇の取りにくい現場、不規則な勤務時間等が問題となっている医療機関も少なくありません。

 

このような状況の中でも適応できる人はもちろん居られますが、適応できない方もおられるのです。自分が適応できない環境で過度なストレスを感じながら働くことは病気を発症するだけではなく、治療も思い通りに進まなかったり、再発をしてしまったり等のリスクも懸念されます。

 

うつ病を発症してしまったら、休職し治療に専念することが大切ですが、その後の復職については労働条件を考慮してもらうことや、退職、転職を視野に入れて、社会生活を営める環境を得ることが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上