うつ病 仕事探し

うつ病の仕事探し

うつ病の仕事探し

うつ病でも働ける職場

うつ病を発症し、これまで働いていた職場を退職された方は少なくないと思いますが、新たな職場で働くことも容易ではありません。しかし、労働条件が自分の病気と付き合っていけるようなものであれば、継続して働くことができるでしょう。

 

仕事探しで大切なことは、ありのままの状況を正直に伝えることだと思います。うつ病だということで採用に不利になってしまうことを懸念され、隠して就職活動をされている方も、少なくないのが事実ですが、継続して長く働いていく為には、「ありのままの自分」を必要としてくれる職場で働くことにあるのではないかと思います。

 

特に、専門的な技術や知識、能力を持っている方は特にその専門性を活かした仕事を目指すことや、やりたいことや、目標がある方は、その熱意を伝えることも仕事探しにおいては重要なことです。自分の体調で不安なことがあれば、相談し、できる限り必要な支援を得られる環境で働くことが大切です。

 

仕事探しとうつ病

従来までは、うつ病は特別な病気というように認識されていましたが、現在は、そうでもありません。誰もがなる可能性のある病気であり、多くの職場でもうつ病の従業員を雇用しています。再就職は難しいと言われる世の中ですが、希望をもって仕事探しに挑むことが大切です。

 

正社員、契約社員、アルバイト、パート、在宅ワークなど様々な雇用形態があり、自分自身が無理なく働くにはどのような形態が良いのか、希望の就労先と相談しながら決めていくと良いでしょう。うつ病という病気は、一見してマイナスなイメージが強いように思えますが、一生再発せずに過ごすことができる可能性もあります。

 

病気になるリスクは誰にでもあり、うつ病を発症した方だけではなく、全ての人にそのリスクがあるということを忘れてはなりません。一人で悩まず、自分のことを知ってもらうことが大切です。

 

関連ページ:うつ病でもできるおすすめの仕事

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上