うつ病と仕事のミス

うつ病と仕事のミス

うつ病と仕事のミス

仕事のミスはうつ病の症状の1つ

職場でミスを多発するような人は身近にいませんか?また、自分自身ミスが増えたという方はおられませんか?いつものような仕事ができないことや仕事をしても上手くいかない時、もしかすると「うつ病」による症状かもしれません。

 

うつ病を発症すると、思考が停滞することや、イライラして物事の判断能力や要領に支障をきたすことがあります。そのため、自分自身の本来持つ能力や、才能が発揮できないため、「自分はだめな人間だ」「何をしても上手くいかない」等と落ち込んでしまうこともあります。

 

「うつ病発症→仕事で失敗→更に落ち込み気分が沈む→職場に行けなくなる」等の悪循環をきたしてしまいます。このようなことにならないように、自分自身にこのような症状がある場合や、周囲にこのような方が居られる場合にはうつ病の可能性を疑う必要があります。

 

うつ病と仕事

気分が優れなかったり、仕事の日は身体が重くて起きることができなかったりというような初期の症状から、悪化すると仕事だけではなく、何をしても上手くいかない、人間関係さえも億劫になってしまうこともあります。それ以上に悪化すると、「死にたい」と自殺願望を抱いたくことや、最悪の場合自ら命を絶ってしまうことだってあるのです。

 

特に忙しい職場や重要な役割を担っている方は特に休養を取ることができずに悪化させてしまうことも少なくありません。うつ病は、初期の段階で治療を行うことで回復が早く、休職の期間も短く復帰することができます。また、服薬による治療のみで社会生活を営むことが可能なので早期の受診が大切です。

 

しかし、何よりも大切ことは職場の理解です。10人に1人がうつ病を発症すると言われる現代で従業員のメンタルヘルスについても考慮し、働く環境についても共に考えてくれるような職場の在り方が理想です。

 

関連ページ:仕事によるうつ病

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上