うつ病で働けない場合の対処法

うつ病で働けない場合の対処法

うつ病で働けない場合の対処法

うつ病で働けない時の対処方法とは?

万が一、うつ病を発症してしまうと、休養が必要となり仕事を休まないといけなくなる可能性もあります。うつ病の治療は、服薬と休養が第一だと言われており、特に社会生活が億劫になっている場合や著しい支障が出ている場合には長期の休養が必要になります。

 

しかし、働けないと収入を得ることができないので生活することが難しくなります。そのような場合、あなたならどうしますか?

 

うつ病は精神疾患の1つであり、職場で保険に加入している方であれば傷病手当金を受けることができます。また、その他の方で、収入がなく他に保険や家族からの援助を受けられない場合には生活保護を受けることができます。

 

うつ病になって収入がないからと言って、借金をして生活してしまうと、復帰後その支払いに追われてしまい生活が厳しくなってしまうこともあるので、収入がない場合には利用できる社会制度を利用することをおすすめします。

 

うつ病で利用できる制度

うつ病だと診断され、長期間の休養が必要になった場合でも、生活していくためのお金は賄わないといけません。

 

そのような場合には、医師の診断書を会社に提出して傷病手当金の申請を行うことができます。傷病手当金は治療の4日目から賃金の6割が支払われる制度です。または、収入が全くなく資産もないという場合には生活保護を申請することも可能です。生活保護では医療扶助もあり、必要な治療を提供してもらえるので安心して生活を営むことができます。

 

関連ページ:傷病手当金生活保護

 

病気の治療に専念したくても、先立つのはお金の不安だと言う方は少なくありません。このような場合、使える制度を利用し、治療後にも安心して生活できるよう努めることが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上