プログラマーのうつ病

プログラマーのうつ病

プログラマーのうつ病

プログラマーに多いうつ病

時代の変化とともにプログラマーやSEを職業としている人々が増えてきました。しかし、SEやプログラマーと呼ばれる人々は、職業柄ミスが許されない仕事であり、長時間労働をきたされることもあり、精神的ストレスの多い職業だということで知られています。

 

この仕事に憧れて入社した仕事であっても、長時間同じ場所で終わりのないような仕事をしているとどこか取り残された感覚に陥ることがあるという方もおられます。また、抱えている業務が終わらなかったら、仕事を抱えたまま帰宅し、帰宅しても仕事に追われる日々で満足に睡眠さえも取れないという方もおられます。

 

また、仕事と家庭の両立ができずに離婚する方も少なくないと言われています。このようなハードな仕事だからこそ、心身ともに疲れてしまいうつ病の発症リスクが高まるのでしょう。

 

ストレスの発散方法

うつ病の原因ともなるストレスを溜めこむとさまざまな障害や病気を誘発してしまう恐れがあり注意が必要です。

 

SEやプログラマーは長時間同じ姿勢で座って行われ、そして日光に当たることも少ないという方も少なくありません。日光に当たらないことは睡眠障害にも繋がるということがわかっており、うつ病の発症リスクを高めます。少し時間が空いた時にはほんの数分でも外に出てリフレッシュし少しでも仕事から解放されるのではないかと思います。

 

また、「終わりの見えない仕事」だと言われおり、頭を抱える方も多いのですが、どこかで段落をつけて休憩をはさむことで脳はより効率良く働きます。特に長時間労働は効率の妨げになってしまうので、上手なストレス発散方法を見つけることが必要です。

 

例えば、好きな入浴剤を使うことや、リフレッシュタイムに好きなものを食べること、休みの日は自分の為に時間を使う等の工夫が必要です。万が一、うつ病を疑う場合は、悪化させないためにも早めに治療を行い、症状が落ち着くまで休養することが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上