会社いじめとうつ病

会社いじめとうつ病

会社いじめとうつ病

職場でのいじめが原因でうつ病に・・・

会社は仕事をするためのだけではなく、その中でも人間関係を築いていかなければなりません。人間関係がうまく行かなければ、仕事をしていてもキツイだけです。

 

一人ひとり、個性があり、性格や相性の合うひとや合わない人がいるかと思いますが、誰とも上手くいかずに孤立している方もおられます。それだけではなく、職場内でいじめに遭っているという方もおられます。そのいじめがエスカレートしてしまったら、仕事に行くのが怖くて恐ろしくて辛いでしょう。

 

しかし、生活の為には簡単に仕事をやめることができない真面目な方であればあるほど、何があっても我慢して毎朝、重たい足取りで通勤してしまうのです。このような、無理をして頑張りすぎる人はうつ病に発症するリスクが高まります。

 

誰かに相談したり、上司に報告したり、その会社を辞めたりと自分なりに対処方法を見つけることができる人は良いのかもしれませんが、誰にも相談することができずに「自分が我慢すればいい」、「私がダメな人間だから」等と自分を責めるようなタイプの人は、自分の居場所を見出すことができなかったり、自分の存在意義がわからなくなり、重症化してしまえば自ら命を絶つことさえあるのです。

 

一人で抱え込まないことが大切

職場でいじめに遭っても一人で抱え込まずに、上司に相談することが大切です。また、いじめは労働基準法に違反する行為なので会社はそれに対応し配慮に務める義務があります。

 

いじめとは、同僚同士で意図的にコミュニケーションを取らないことや物を壊すことも、口頭で傷つくようなことを言うのもそうですが、男女差別によるいじめや無理な業務を押し付けるのもいじめと捉えていいのです。仕事をしていく上の人間関係に問題がある場合には早急に上司に報告し対応してもらうことが必要です。

 

関連ページ:うつ病の相談をするにはうつ病とカウンセリング

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上