産業医のうつ病の診断

産業医のうつ病の診断

産業医のうつ病の診断

産業医はうつ病をどう診断するのか?

仕事をしていくうちに、普段当たり前のようにしていた仕事をミスするようになったり、自分のするべき仕事の要領や手際が悪くなったり、倦怠感や疲労感から朝起きることができずに遅刻や欠勤が増えたというような方はうつ病を疑う必要があります。

 

多くの会社には健康増進や健康的に働くことができるように産業医の指導を受けています。健康診断や残業や激務が続いた場合には産業医との面接を受けて自覚症状の有無や生活の変化について話します。それから、必要があれば主治医の診断を受けるように勧めます。

 

万が一、自分自身や同僚で「うつ病ではないかな?」と感じた時には、上司に相談し、早急に主治医の診断を受ける必要があります。主治医の診察により、「どのような治療を受けるのか」、「治療期間」、「就労できるか否か」、「1日に就労できる時間」などがおおよそ決まります。その後、主治医の診断の下、産業医が本人と面談を行い、実際の業務を配慮した上で就業できるか否かを判定します。

 

いち早く休職などが必要と感じている場合は、産業医に相談する前に主治医に診断を受けることをお勧めします。
参照ページ:うつ病で休職する際の診断と手続き

 

休職か解雇か決めるのは会社

基本的に、復職を希望する場合その復帰するまでのプログラムを形成するのは産業医です。産業医の指導に基づき、元の状態に戻れるまで、徐々に仕事に慣れていくことから始まります。しかし、うつ病は再発するリスクのある病気であり、治療を継続しながら仕事を続ける場合、薬によっては副作用を生じることがあるので、車を運転や、機械操作をする職業の場合、業務を変更することが条件の場合もあります。

 

うつ病と診断され、「病気」であることが認められても、症状が一向に回復されないことや会社に支障をきたすようなことがある場合等は休職若しくは解雇が言い渡される可能性もあります。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上