うつ病からの社会復帰

うつ病からの社会復帰

うつ病からの社会復帰

うつ病から社会復帰するまでに

うつ病を発症して休職していても、症状が治まったら社会復帰することができます。社会復帰するまでには、ある程度の症状が軽減しており、本人に働く意思があるということがその条件とも言われています。休職後に仕事復帰したからと言ってすぐに元の仕事ができるかと言うとそういうわけではありません。

 

うつ病を発症する人は、真面目で几帳面な性格を持つ方が多く、休んでいた分を取り戻そうと思う方も多いのですが、頑張りすぎることが再発の引き金になってしまうのです。社会復帰し、再発予防していくためには、少しずつ無理のないように産業医や主治医によって作成された復職支援プログラムに沿って進めていくことがポイントです。

 

社会復帰するには、長期間休んでいた身体を慣らすリハビリから始めて行くことが大切であり、体力作りを兼ねて、無理のない運動や睡眠時間や起床時間の調整を行い、負担のない生活環境を整えていくことが必要です。また、支援プログラムは無理のないように先ずは、バイトのように半日勤務や短時間労働から始めていき、本人の負担にならないように徐々に時間を延ばしていきます。

 

産業医との面談を繰り返し、およそ半年をかけて本来の業務ができるようになることを目指します。

 

退職することが本人のためになるケース

激務やストレスやその他の環境因子が原因でうつ病を発症したと思われる場合には、時間をかけてゆっくり復職しますが、仕事が本人に向いていないと自覚している場合や、人間関係のもつれが原因になっている場合は、同じ職場に戻るよりも退職し、仕事を探すことが本人のためになることもあります。うつ病を発症した理由にもよりますが、今後の社会生活を営むために本人に負担の少ない方法で社会復帰できることが理想です。

 

関連ページ:うつ病による退職

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上