うつ病 チェック 診断テスト

うつ病チェック(診断テスト)

うつ病チェック(診断テスト)

うつ病チェック診断テストの活用

ストレス社会と言われる現代社会ではメンタルヘルスが懸念されます。うつ病も、増加傾向にあり多くの人がこれについて悩んでいます。うつ病だと言うことに気が付かずに自殺をしたり、症状が深刻な状態になったり、思わぬ事態を引き起こすケースも少なくありません。早期の発見と治療が最も望ましく、気になる症状がある方は、早めに受診することが大切です。また、鬱病セルフチェック等を活用し自身の症状を自覚することも大切であり、予防することに努める必要があります。

 

うつ病チェックテスト

多くの医療機関や自治体でも鬱病チェックテストをインターネットや広報で掲載しています。どのような症状がチェック項目に含まれているのか以下で紹介したいと思います。

  1. 気分が落ち込み、憂鬱な気持ちになる
  2. 食欲が減る、体重減少等の症状がある
  3. 物事に対しての興味や関心の消失
  4. 物事に対して悲観的になる
  5. 倦怠感や疲労感が抜けない
  6. 自分を責めてしまう
  7. 不安になったり、イライラしたりする
  8. 死んでしまいたいと思う
  9. 仕事や勉強に身が入らなくなった
  10. 睡眠が上手く取れていない

うつ病のチェックリストの多くには以上の事が含まれています。ご自身の生活を振り返り、気になる症状がある場合は、迷わず医療機関の受診をお薦めします。また、このチェックリストに当てはまったから必ずしも「鬱病」というわけではありませんが、15人に1人以上の人が鬱病を発症すると言われていることから、身近な病気だということを忘れてはなりません。

 

また、初期の症状は、「不眠症」または「過眠症」というような睡眠障害のような症状がでることもありことも特徴であり、このような症状についても十分に注意を払うことが大切です。

 

関連ページ:うつ病と睡眠障害

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上