うつ病 記憶障害

うつ病と記憶障害

うつ病と記憶障害

うつ病に生じる記憶障害

うつ病を発症した人全ての人に記憶障害が生じるわけではありませんが、一部の人に記憶障害が生じることもあります。

 

うつ病の症状には注意力の散漫、集中力の低下等がありますが、これらが原因で記憶をしていないということも考えられます。また、うつ病の発症は6人に1人は高齢者ということもあり、加齢に伴う記憶障害ということも考えられます。

 

しかし、長期のストレスが生じることや無気力状態になり体を動かさないことや活動をしないことが原因で目の前の出来事を記憶に留めないからということも言われています。

 

うつ病の症状は人それぞれ異なりますが、仕事や日常生活においても支障をきたすことが多々あります。これまでと異なる症状や気がかりなことは医療機関の受診、医師の診断を受けて適切な治療に努めることが大切です。

 

記憶障害の原因と対処

うつ病の記憶障害の原因は上記のようなことが言われていますが、脳科学的にはセロトニンの低下によるものだとされています。セロトニンが低下することで様々な障害を引き起こすことが懸念され、薬物療法によりそれを改善していく必要があります。

 

しかし、記憶障害の原因が薬物療法の副作用からなるケースも考えられるので、記憶障害を自覚したら医師に相談することが最も大切です。

 

記憶障害の原因は認知症によるものであるケースも少なくなく、その方の年齢や生活、仕事や家庭状況をアセスメントし、医師によって診断されます。その後、治療を行い症状の改善や社会生活に復帰するためのリハビリやトレーニングを行っていきます。いずれの場合も早期に発見し治療を行うことが最も望ましいとされており、家族や周囲の協力の下医療機関への受診が求められます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上