うつ病 治療 薬

うつ病の薬(薬物療法による治療)

うつ病の薬について

うつ病の治療は薬物療法と十分な休養を中心に行います。

 

うつ病・うつ状態になった場合に処方されるのは、主に抗うつ薬、抗うつ薬の副作用を抑える薬(吐き気止め等)、睡眠導入剤・睡眠薬になります。最初にうつ病と診断され休職となった際には、2週間程度の様子見ということで、抗うつ薬の処方がない場合もあります。薬物療法が現在のうつ病治療の主流であり、必要に応じてその他の療法(認知行動療法やカウンセリングなどの精神療法)を併用する場合もありますが、通常医者にかかった際には薬物療法がメインとなります。

 

うつ病の治療や薬についての記載は、自分自身の体験とリサーチの結果をまとめたものであり、私は医者ではありません。詳しくは医師や専門家にご相談ください。

 

抗うつ薬について

この中で、うつ病治療の基本となるのが、抗うつ薬になります。この薬は睡眠薬に比べ、効果が現れるまではおおよそ1〜2週間以上かかるため、しばらく飲み続けて様子を見る必要があります。睡眠薬のように直ぐに効果が現れず、初期段階では副作用が出やすいため、なかなか服用を続けるのは難しいですが、2週間過ぎたあたりから徐々に効果が出始めます。

 

私の場合は特に吐き気がひどかったです。そのため、2週間飲み続けるということがなかなかできず、吐き気止め等を利用して我慢して飲めるようになるため、2回も薬を変更しました。比較的副作用が少ないとされるSNRI、SSRIでも私にとっては強いと感じました。

 

薬を飲んでいた方の意見を聞いてみると、やはり吐き気を訴える方が多いという印象でした。しかし、ほとんど副作用を感じず、すんなりと効果を確認でき症状が改善してきたという方もいるので、薬は個人個人の相性というものが大きいのだなと実感したしだいです。

 

抗うつ薬の種類

新世代の抗うつ薬(SSRI, SNRI)
現在、うつ病と診断されて初めに処方されるのは第三世代のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や、第四世代のSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)といったものです。これらは新世代の抗うつ薬とよばれ、古くから使われている三環系、四環系抗うつ薬よりも比較的副作用が少ないため、主流になっています。

 

主なSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、パロキセチン(パキシル)、セルトラリン(ジェイゾロフト)など

 

主なSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
ミルナシプラン(トレドミン)、デュロキセチン(サインバルタ)など

 

三環系抗うつ薬
古くから使われている抗うつ薬で、ノルアドレナリン、セロトニンを増やす働きをします。しかし新世代の抗うつ薬のような選択作用は低いため、口の渇き等の副作用を伴います。

 

主な三環系抗うつ薬
アミトリブチリン、アモキサビン、イミブラミン、クロミブラミン、ドスレビン、トリミブラミン、ノルトリブチミン、ロフェブラミンなど

 

四環系抗うつ薬
主にノルアドレナリンの放出量を増やすことにより、うつに伴う不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。他の抗うつ薬と比べ即効性があり、飲み始めてから4日程度で効果が出てきます。四環系は三環系に比べて副作用は少なく、作用も弱めです。

 

主な四環系抗うつ薬
セチブチリン、マブロチリン、ミアンセリン、ミルタザピンなど

 

副作用を抑える薬
抗うつ薬服用の初期段階で起こりやすい吐き気をおさえるため、ガスモチンという薬や、六君子湯などの漢方を利用することがあります。

私の場合はガスモチンを処方されました。これは必要に応じて飲む飲まないの調整が可能という薬で、2週間のうち半分の一週間分を処方されました。徐々に飲まなくても大丈夫になりました。

 

抗うつ薬の問題点
うつ病治療の中心となる抗うつ薬ですが、元気になる患者がいる一方で、自死の衝動にかられる、他人への攻撃衝動にかられるといった副作用も一部報告されています。さらに、日本の厚生労働省は2013年に、18歳未満に投与しても効果を確認できなかったとして、6種類の抗うつ薬について医師に慎重な投与を求めるよう日本製薬団体連合会に要請しています。

 

抗うつ薬の攻撃性の問題点については、アメリカのコロラド州の銃乱射事件の容疑者が抗うつ薬を飲んでいたことなどで、アメリカを中心に海外ではよく話し合われているテーマなのに、日本ではあまり話し合われる機会が少ないのが不思議です。これも個人差の問題や、薬の副作用が問題なのか、あまり関係ないのかが分かりづらいという点と、精神疾患や薬への偏見を恐れるといった社会通念上の理由があるのかもしれません。

 

関連ページ:うつ病の薬の副作用

 

睡眠導入剤・睡眠薬

現在処方される睡眠薬で代表的なものは、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬になります。

私の場合は、最初にマイスリーを処方されましたが、まったく効果がなく、次にレンドルミンを処方され、こちらのほうは比較的効果がありました。こちらもやはり相性というか個人差が大きいようです。

 

主な睡眠導入剤・睡眠薬
ゾルピデム(マイスリー)、ブロチゾラム(レンドルミン)、トリアゾラム(ハルシオン)、ゾピクロン(アモバン)、エチゾラム(デパス)、フルニトラゼパム(ロヒプノール)など

 

睡眠導入剤・睡眠薬の問題点
睡眠薬は抗うつ薬に比べて即効性があり、飲んだ当日から効果があります。しかし、朝起きた時の脱力感や、ふらつき、記憶力の減退等の副作用と、これらの睡眠薬を長期間服用して飲むのをやめると眠れなくなるという離脱症状に苦しめられることもあり、特にペンゾジアゼピン系の薬を長期間飲み続けることの問題点は米国では頻繁に取り上げられています。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上