うつ病 症状 薬

うつ病の症状

うつ病の症状

うつ病にかかった時の状態は個人差があるのですが、一般的にはうつ病にかかると、憂鬱な気分や意欲の低下などの精神的症状に加えて、不眠や食欲、頭痛などの肉体的症状も現れます。これらの変化により、今までとはまったく自分のように感じられ、ますます自信を失い行動することができなくなるといった悪循環になります。

 

うつ病の主な症状

精神的症状

  • 気分が沈む
  • 何に対しても興味が湧かない
  • 気力が湧かない
  • イライラが続く
  • 落ち着きがない
  • 動作や話し方が遅い
  • 判断したり、決めることができない
  • 人との会話に集中できない
  • 自分の人生がつまらなく感じる
  • 消えてなくなりたいと思う

身体的症状

  • 疲労感・倦怠感
  • よく眠れない
  • めまいや耳鳴り
  • 食事をおいしいと感じない
  • 首や肩のこり
  • 腰痛や腹痛
  • 胸が苦しい
  • 頭が重い
  • 胃部不快感
  • 性欲の低下
  • 月経不順

 

※症状についての詳細は、カテゴリー「うつ病の症状」を参照

 

精神的症状が現れず、身体的症状のみが現れている場合は「仮面うつ病」と呼ばれます。
本人にうつの自覚がなかったり、検査をしても原因が見つからない場合などは、根本的にはうつが隠れているかもしれません。そのような場合は、うつの治療により身体的症状が緩和されます。

 

関連ページ:仮面うつ病とは

 

うつ病は不眠を伴うことが多く、その場合にはうつ病の治療に睡眠薬(睡眠導入剤)が一緒に処方されます。うつ病と睡眠障害の関連性は深く、うつ病が睡眠障害を引き起こしたり、睡眠障害が続くとうつ病を引き起こしたりといったケースが見られます。うつ病に伴う睡眠障害の場合は、睡眠薬だけでは十分に完治しないため、抗うつ剤の治療が必要になってきます。若い人は逆に、極端に眠くなってしまう「過眠」という症状が現れる場合もあります。

 

関連ページ:うつ病と睡眠障害

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上