うつ病 完治 克服

うつ病は完治するか(うつ病の克服)

うつ病の克服 - うつ病は完治するか

私の経験上、うつ病は治る病気だとは思いますが、合う薬に出会うまでに時間がかかってしまうことがあり、これが長引く原因だと思っています。私の場合も2、3度薬を変えましたし、最初は副作用のみが強く働いてまったく治るという気になりませんでした。

 

薬が合う人は、最初の薬であまり副作用を感じずに1,2週間後くらいから効き始めて、徐々に元気になっているようです。体質は個々人で違いますので、もともと薬と自分の体の相性というものは、実際に飲んでみないことにはわかりません。

 

医者も客観的にうつ病を診断できるわけではなく、患者の様子や自己申告の内容から推測して治療方針を決めるしかありません。初期のころは、医者との信頼関係も構築できていないケースが多いため、なかなか思うように進まないといったこともありえます。

 

うつ病になってから治療を開始するまでに、どこまで無理をし続けたかというのも影響が多いと感じます。知り合いの例では、軽い人であれば、1〜2ヶ月程度休職して仕事に復帰できたという人もいたのですが、私の場合は3ヶ月経ってもあまり改善が見られませんでした。体を壊してすぐに治療を受けたわけではなく、限界まで我慢して仕事をし続けてしまったため、このように長期化してしまったのだと思います。

 

私の知り合いの中には、およそ5年以上も治療を続けている人がいます。この人はまだ抗うつ剤を飲み続けており、仕事にも復帰していませんが、人と会ったり好きな活動をするといったことはできるようになっているみたいです。

 

医学的にもうつ病というのははっきりとわかっていない病気なので、完治という言葉は使わずに寛解(かんかい)という言葉を使うようです。うつ病は再発する可能性も高く、社会復帰以降も様子見が必要なことからそのようになっているようですが、きちんと治療を受けて仕事や社会でやっていける状態になることは可能です。

 

仕事復帰をしてからまったく薬も必要なくなって以前の元気な状態に戻ったという報告もたくさんあるので、あせらず徐々に改善していく、今後は無理をしないで生きるようにするなどを心がけながら生活することが大事です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上